助成金制度|葉酸サプリが女性の強い味方|利用者の声を参考に体作り

葉酸サプリが女性の強い味方|利用者の声を参考に体作り

助成金制度

病院

経済的な支援

不妊に悩んでいる夫婦は10組に1組いるといわれています。不妊治療に通う夫婦も年々増えています。不妊治療を受ければ必ず妊娠するというものでもありません。ときには妊娠するまでに何年もかかってしまったということもあります。また、妊娠できずに諦めざるをえないこともあります。身体的・精神的・経済的に負担が大きいからです。大阪府では不妊治療の中でも保険適用外である体外受精について、特定治療支援事業を行っています。これは大阪府で体外受精をうけた夫婦に経済的な支援をするというものです。対象になるのは大阪府に夫婦が住所を有している、法律上の夫婦です。体外受精での治療が成功して妊娠できた場合にも、残念ながら妊娠に至らなかった場合にも助成を受けることができます。

気になる助成額

体外受精を受けた場合の助成金額について説明していきます。大阪府では初めての申請で初回治療の場合に限り、1回30万円まで助成を受けることができます。その後は1回15万円までです。夫・妻のどちらの治療にも適用され、治療のステージによって上限額が設定されています。助成回数については妻の年齢によってわけられています。初回助成を受けた際の治療開始日の妻の年齢が40歳未満の場合には6回までです。初回助成を受けた際の治療開始日の妻の年齢が40歳以上の場合には3回までです。つまり、最大105万円の助成を受けることができるということです。ただし治療開始日時点で妻の年齢が43歳以上の場合には、助成対象外となるので注意が必要です。